DDPSのVPSを契約してみた話

テクノロジー
この記事は約3分で読めます。

こんにちはっ!なりかくんです。
今回は、DDPSのVPSを契約してみたのでその話を書いていきたいと思います。

現在DDPSは、対応の返信が無いとの情報を得ています。当ブログは連絡が無くても、一切責任を負いません。

スポンサーリンク

DDPSとは?

まず、DDPSって何ぞや?ってなる方も多いと思います。
DDPSは、アメリカに本拠地があるホスティング会社です。
DDoS対策サービスや、VPSサービスなど様々なサービスがあります。

サーバーならDDPS | 100Gbps+ 高速専用サーバー販売中!
DDPSは、自社保有のネットワークを活かしており、DDoS攻撃対策付きのレンタル、VPS(仮想サーバー)が月額198円〜と低価格!国内や海外に20拠点以上!機能やサービスは充実しており、DDoS攻撃対策や専用サーバーもご提供しております。

アメリカ!?って思う方も多いと思いますが、経営者は日本人の方です。
また、サーバーも日本にあります!

安すぎる料金

値段についてですが、すごく安い値段設定となっています。
日本のVPSで、1GBで月298円です。他の日本のVPS会社では900円ぐらいするので、600円ぐらい差があります。

こんな料金設定で、どうやったらこんなに安くできるんですかねぇ笑

契約してみた

今回は、ブラックフライデーセールにて安くなっていたので契約しました。
もともとは日本のVPSを契約しようと思っていたのですが、残念ながら1GBプランは売り切れていたのでアメリカの1GBプランを契約しました。

このブラックフライデーセール安すぎますよね笑
1年で980円ですよ。1コア・1GBが付いていて。
驚きました。

これは契約しないとだめだなっ!って思って無事決済を済ませました。
支払いは、クレジットカードとPayPalが対応していたのでPayPalで支払いました。

そして、使おう!と思ってコンパネに移動したら・・・
なにぃぃぃ!!!保留だとぉ(12月10日 午後3時)

もしかしたら、このシステム手動でサーバーを構築しているのかもしれないです。
今ブログ執筆してるときに気づいたのですが、契約するときにrootパスワードとかOSの種類とか選択してないけど、どうなるんだろうって思ってます。

ということで、待ちます笑

返信が来た

はい。ということで、1日後になりました。
メールを確認すると、VPSに関してのメールが届いてました。(11日 午後4時)
その中にダッシュボードのログインURL等が書かれていました。

ということで、さあ!ログインしよう。
と思って、メールに記載されていた情報でログインしようとすると・・・

パスワードが違うだとぉ!?

パスワードを忘れたのやつをしても、メールが届かない。。
ということで、サポートに連絡しました。

1時間30分後問い合わせた件の返信が来ました。
再設定しましたメールでした。

ということで、再度ログインしてみると。。

無事にログインできました!!

VPSにログインしてみる

はい。とうことで、最後にVPSにSSHでログインしてみたいと思います。

無事にログインができました。

最後に

いろいろとトラブルはありましたが、しっかりと使えるようになりました。
すごく格安でお勧めですのでぜひ使ってみてください!
終わりですっ!

サーバーならDDPS | 100Gbps+ 高速専用サーバー販売中!
DDPSは、自社保有のネットワークを活かしており、DDoS攻撃対策付きのレンタル、VPS(仮想サーバー)が月額198円〜と低価格!国内や海外に20拠点以上!機能やサービスは充実しており、DDoS攻撃対策や専用サーバーもご提供しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました