ネットワークドライブにGoogle Driveを追加する方法【NetDrive】

テクノロジー
この記事は約4分で読めます。

こんにちはっ!
今回は、ネットワークドライブにGoogle Driveを追加する方法を紹介します!

スポンサーリンク

ネットワークドライブにする理由は?

ネットワークドライブにする理由は、パソコンのHDD・SSDの寿命が減るのを軽減します!
Googleドライブ純正ソフトは以下のような仕組みになってます。(Wordの文章をGoogle Driveに保存)

それに比べて、ネットワークドライブにすれば以下のようになります。

このように、直接Google Driveに保存するということになります。
ということは、PCのHDDなどを経由していないので寿命が減らないというわけです!

このようなことをするために、あるソフトを使います!
それは、、、 NetDriveです!

NetDrive - The Network Drive for Windows and Mac (FTP, SFTP, WebDAV, Google Drive, Dropbox, Box.com, S3, OneDrive, OpenStack)

このソフトを使えば、ローカルディスクのようにクラウドストレージにアクセスすることができます。
では、次にインストール方法とセットアップ方法を紹介します。

インストール方法

ファイルをダウンロード

まず、以下のサイトにアクセスします。
https://www.netdrive.net/download/

NetDrive - The Network Drive for Windows and macOS (FTP, SFTP, WebDAV, Google Drive, Dropbox, Box.com, S3, OneDrive, OpenStack)

Windowsで使う場合は、左側。Macで使う場合は、右側のボタンをクリックします。

すると、ダウンロードが始まるので待ちます。
ダウンロードが終わったら、実行ファイルを開きます。

インストール

インストール画面をひらくと、以下のようなようこそ画面が出てきます。
”Next”をクリックします。

次にソフトウェア使用許諾契約が出てきます。チェックボックスにチェックを入れて”Next”を押します。

インストールする場所を選びます。
今回は、初期設定のまま行きます。では、”Next”します。

では、ついにインストールをします。心の準備ができたら、”Install”をクリックします。

インストールを待ちます。
インストールが終われば、「Completed the NetDrive3 Setup Wizard」と出てきます。
”Finish”をそのまま押します。
これで、インストールは完了です。

ソフトのセットアップ

では、ソフトを起動します。
起動すると、ログイン画面が出てきます。
今回は、Twitterアカウントでログインします。「Sign in with」の中にある”Twitter”をクリックします。

すると、ブラウザが開き認証画面が出てきます。
”連携アプリを認証”をクリックします。
すると、ソフトに自動で戻ってログインが完了します。

Google Driveを追加してみる!

では、早速Google Driveを追加してみます。
start hereと書かれている”+”をクリックします。

このような画面に移動します。

そして、STORAGE TYPEの中にあるGoogle Driveをクリックします。

そして、右側のCONNECTをクリックします。

すると、Googleの認証画面が出てきます。
許可をクリックします。

すると、自動でソフト側のログインが完了します。

接続が完了したら、OKをクリックします。

すると、追加が完了します。
CONNECTをクリックします。

すると、エクスプローラーが自動で開きこのように表示されます。
これで接続は完了です!

気になるお値段は…

気になるお値段ですが、1ヶ月1.66ドルです!日本円に直すと、2020年6月27日現在では177.92円です。

高いと思う人と、安いと思う人で分かれると思いますが、僕は安いと思います!

以下が個人プランの料金です。

以下がチームプランです。

最後に

すごくこのソフトは、便利だと思います!
Google Driveの他にも、OneDriveやFTPなどいろいろなクラウドストレージに対応しています。
ぜひ、みなさんも使ってみてください!

またねっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました